045-583-2421

お問い合わせ

排水管内のカメラ調査・点検(配管修繕を迷っている場合にオススメの事前調査)

排水管の管種と特徴

1980年頃までに建てられた雑排水管に使われていた管は配管用炭素鋼鋼管(白ガス管、黒ガス管、SGP管、鉄管と呼ばれる)、汚水管に使われていた管は排水用鋳鉄管でした。
その後、アルファ―管や硬質ポリ塩化ビニル管と使われる管種が変更していき、現在では配管用炭素鋼鋼管や鋳鉄管は使われなくなりました。

■配管用炭素鋼鋼管や鋳鉄管が使われなくなった要因

配管用炭素鋼鋼管や鋳鉄管が使われなくなった要因は、老朽化によるサビの発生、それによる詰まりや管に穴が開き漏水するなどの被害があるからです。

管の種類によって耐久年数は変わりますが、概ね以下の耐久年数となります。

配管用炭素鋼鋼管・・・約30年

鋳鉄管・・・35年~40年

1990年より前に建築された建物は排水管の寿命が来ていると考えた方が良いです。

 

老朽化した排水管の調査

現状詰まりや漏水がない管や定期的に洗浄している管でも管の中を覗いてみるとサビだらけになっていて管径が小さくなっている可能性が高いです。この状態ではいつ詰まりや水漏れが起きてもおかしくありません。まずは排水管内を調査して現状を知ることが大切です。特に築30年以上経っている建物は一度確認することをオススメします。

■排水管点検(カメラ調査)で内部の状況を確認

まずは排水管の内部に専用カメラを引入れる「カメラ調査」で、内部の状態を確認しましょう。
管内のサビや汚れを放置していると管内が詰まり、逆流や悪臭、水漏れの原因になります。このような災害を防ぐためにも、まずは「管内の状況がどのような状態になっているのか」を把握することが大事です。

 

排水管専用カメラ

弊社では排水管用カメラを3種類用意しております。管の種類や形状により使用するカメラを変えます。

管径Φ50~300㎜対応。
一般的に使用するカメラ。広角レンズで側視調査可能。

 

管径Φ20~80㎜対応。
管径が小さい管での調査で使用。

 

管径Φ30~100㎜対応
曲がりが多い管で使用。

 

管種ごとの腐食状況

・雑排水管

雑排水管は一般的に台所洗面所洗濯浴室と4カ所の排水が流れる管です。よって劣化原因も増えてきます。
台所排水では油を流すため油が固まって管内に付着します。付着した個所は更に汚れが付着しやすくなりますのでそのまま放置すると管が狭くなりつまりの原因になります。
洗面・浴室・洗濯の排水では髪の毛や衣服の繊維が曲がり部に引っ掛かり蓄積したり、石鹸・シャンプー・洗濯用洗剤が固まって管内に付着します。
付着した汚れに髪の毛や繊維が更に引っ掛かり詰まりの原因になります。

築40年の雑排水立主管

周りのボコボコしているのはすべてサビです。奥の方は管径が狭くなっているのがわかります。

・汚水管

汚水管は一般的にトイレのみの排水管です。トイレの劣化の原因は尿石が管内に付着し蓄積して詰まりを発生させます。他には、トイレットペーパーが溶けずに詰まることもあります。

築40年の汚水立主管

汚水管は尿石が付着するので雑排水管とは管内の腐食の仕方が違いますが、劣化の具合はほぼ変わらないです。

雑排水管も汚水管も鋼管や鋳鉄管など金属管を使っている場合、経年劣化によりサビが発生し詰まりや穴が開いて漏水します。
古くなった管は地震や車が通る振動で割れることもあります。

 

水トラブル

異物やサビの蓄積による詰まりや経年劣化によって開いた穴や割れた部分からの漏水があります。
寒冷地では凍結による詰まりも発生します。

異物が引っ掛かってる排水立主管

異物が引っ掛かっていても水が流れることもありますが放置していると他の異物が引っ掛かりやすくなったり
いずれ水が流れず漏水災害につながる可能性が高いです。
サビが付着して管径が狭くなれば更に異物の引っ掛かりや詰まりの可能性は高まるので
カメラ調査をして必要であれば修繕をすることをおすすめします。

 

カメラ調査後の補修

カメラ調査をした結果補修をする必要があった場合更新工事か更生工事を行います。
弊社では主に更生工事での補修を行っております。
更生工事は更新工事に比べて低価格・短期間で施工可能な工法です。
更生工事と更新工事についてまとめたブログがあるので下記のURLより是非ご覧ください。
更生工事(ライニング工事)更新工事との比較、メリットデメリット | 扇矢工事株式会社 (ougiyakouji.co.jp)

 

 

排水管点検・工事のご依頼方法

弊社ではカメラ調査のみのご依頼も承っております。
更生工事について詳細を聞きたい・知りたい方は、是非一度お問合せください。

【日本全国対応の安心】
北海道から沖縄まで全国対応ですので、遠方の方でも遠慮なくご相談ください。
工法説明や更新工事との金額、施工期間の違いの事例を載せた資料も無料でダウンロードできます。


↓【無料】資料ダウンロードはこちらから↓
排水管の更生工事に関する無料資料をダウンロードする

その他気になる点やご不明点があればお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-583-2421
メール:お問い合わせ | 扇矢工事株式会社 (ougiyakouji.co.jp)