管路点検

無掘削工法の管路点検とTVカメラによる分析。
短期間・低コストで問題点を早期発見します。

電力をはじめとする様々な管路は、ライフラインの要。その安全性を守るため、扇矢工事は1962年の創業以来、地中を掘り返さない「無掘削工法」により、短期間・低コストでの点検調査実績を積み重ねてきました。
TVカメラシステムやCCDカメラ等の技術を駆使し、発電所・工場・ビル・マンションなどあらゆる管路で、最長750mまでの調査が可能です。
問題点の早期発見、補修施工は、扇矢工事にお任せください。

主な調査点検方法

管路TV調査(ケーブル無し)

管路内に専用カメラを引入れ内部の状態を確認します。補修工法などを決める基本的な点検です。

CCDカメラ調査(ケーブル有り)

使用中のケーブルなどがある状態で点検が行えます。ケーブルなどの損傷確認に有効です。

管路導通点検

「ボビン」と呼ばれる専用の試験機を使用し、管路の健全性を点検。
「TV調査」と比較し安く低コストで行えます。

調査・点検範囲と主な対応場所

調査範囲:口径75mm~250mm、最長750mまで

・電力用地中送電管路
・ビル配管・排水管
・鉄道用地中送電管路
・マンション集合住宅配管・排水管
・火力発電所配管・排水管
・各種タンク配管・排水管
・ダム・水力発電所配管・排水管
・小口径配管・排水管など
・プラントなどの大規模工場配管・排水管

扇矢工事施工事例 マンション排水管PCGライニング

調査・点検に関する施工事例のご紹介

鉄道用地中送電管路(東京都)

橋梁下管路(東京都)

地中送電管路(岡山県)

水力発電所放流管路(群馬県)

水力発電所エアホール(岐阜県)

水力発電所立坑内部調査(長野県)

管路導通点検(東京都)

管路補修・更生工事

ライフラインの寿命を確実に伸ばすために、調査に基づく最適な工法で補修・更生を行います。

総延長距離60万kmを超える日本の地中管路は、施工から数十年以上経つケースも珍しくありません。
管路・配管の老朽化は、ジョイント部分のズレから流入する土砂や地下水によって生じます。さらに加重による内部破損、ケーブルシースの劣化やはがれによる閉塞など、様々な不具合が顕著になっていきます。
扇矢工事では、このような管路・配管の老朽化に対して、クロス樹脂やモルタルの内面補修等での更生工事を行っています。

補修工法について

下処理工程

管路水圧洗浄
管路内に浸入した、砂・土砂などを高圧水で排出します。

施工前

施工後

管路内研磨
接続部の段差・腐食部などを状態に適した各種工法で補修します。

施工前

施工後

補修工程

クロス樹脂内面補修
研磨箇所および漏水箇所を当社独自の「クロスと接着剤」で管路内に貼り付けます。管路内が滑らかになり、ケーブルなどの引入れがスムーズに行えます。

管路内面モルタル補修
管路の損傷が激しい場合、研磨を施し、モルタルに圧力を掛け注入し損傷部を補修します。

補修工事に関する施工事例のご紹介

放流管洗浄および補修(青森県)

夜間埋設管補修工事(東京都)

マンション・ビルの下水管、排水管
工場・発電所などの各種配管・排水管・廃液管
電力管路、その他の管路も対応可能!

口径75mm~250mm、最長750mまでの管路、排水管の
配管工事・ライニング・管路調査・点検・高圧洗浄による清掃が可能。
管路・排水管のことなら、お気軽に弊社にお問い合わせください。

お問い合わせ先:扇矢工事株式会社