カテゴリー: 管路の内部調査

東京電力さまの排水管調査を実施しております。

平成28年度から東京電力さまのご用命を受け、地下洞道内から地上桝間の排水管の「気密試験・TVカメラ調査・管路位置探査」を実施しています。

気密試験は、地下洞道内から地上桝間の排水管の気密試験を行います。

IMG_1352

TVカメラ調査は、排水管内部の劣化状態について確認を実施します。

排水管TV調査映像 003

管路位置探査は、地上から最大深度5mまで測定可能な測定器を活用し、埋設管路の深さ・経路の確認をします。

IMG_1356

通行人の多い道路で行う作業ですので、十分な安全対策を施し、安全第一で行っています。

IMG_1346

工場構内の排水管の調査・点検・補修は、扇矢工事にお任せください。

 

 

 

お問い合わせ

大型マンションへ引込んでいる「電力用管路」の点検を実施しました【川崎市 2016.3.28】

「電力一括購入サービス」をご提供しております会社様からのご用命で
電力用管路の点検を行いました。

お客様は、地中ケーブルの引替計画に伴い、空き管路の調査をしたところ、
管路内部に何らかの異常があると判断。
弊社へ管路内部にテレビカメラによる点検のご用命がありました。

その結果、管路の破損・土砂流入が発見されました。
破損による土砂流入が多いため、掘削による補修が必要と思われます。
IBより20.9m

管路の点検・補修のご用命は、扇矢工事株式会社へ

https://www.ougiyakouji.co.jp/contact/

 

お問い合わせ

JR東日本さまの電力ケーブル埋設管路の点検を実施しました。

JR東日本さまの電力ケーブル引換工事に伴い、TVカメラシステムを駆使した埋設管路の内部点検を実施しました。

IMG_1219 IMG_1223

現場は列車が頻繁に行き交う線路と踏切のすぐ脇で、道路下の管路の長さは約30m、電力ケーブルが通線した状態で点検を実施しました。

DSCN1503

VTS_01_1.VOB_000050376

通過する列車、および踏切を横断する通行人や車両等への安全確保を最優先として、無事に作業を完了しました。

お問合わせ 扇矢工事㈱ TEL 045-583-2421(平日8:30~17:30)

お問い合わせ

大型ビルの排水管洗浄を実施しました。

横浜市内の8階建てテナントビルで排水管洗浄を実施しました。 IMG_0981

IMG_0982当該ビルの管理会社と作業前に事前調整し、建設以来、初めての排水管洗浄を実施した結果、排水管内の亀裂や破損もなく、ビルオーナーからも喜んで頂きました。IMG_0987

IMG_0990休日作業にもかかわらず、ビルオーナーの方にもご協力していただき、安全作業で終了しました。

お問合わせ 扇矢工事㈱ TEL 045-583-2421(平日8:30~17:30)

お問い合わせ

都営地下鉄の構内で雨水排水管のTVカメラ調査を実施しました。

都営地下鉄のある駅の構内で雨水排水管のTVカメラ調査を実施しました。

DSCN2499 DSCN2524

大雨の日にはマンホールから雨水が溢れ出してしまい、駅構内が水浸しに なるそうです。

昼間の駅利用者は少数でしたが、作業エリアを明確にして通行者の安全確保を最優先とし、東京都の職員も立会い、既設図面と照合しながら作業を実施しました。

DSCN2506DSCN2505TVカメラ調査では管路の長さや屈折角度など、カラー画面で確認しながら現状把握が出来ました。

お問合わせ 扇矢工事㈱ TEL 045-583-2421(平日8:30~17:30)

お問い合わせ

管路のTV調査・導通点検ほかを実施しました。(山形県)

東北写真

作業帯の設置状況(山形市内)

東北電力管内でケーブル張替え工事に伴う管路(合計8スパン)のTV調査・導通点検・補修を実施しました。作業期間20日間、作業班(2班)を投入し、現地に泊まり込みで作業を実施しました。作業期間中の天候はほぼ晴天、気温は連日30℃前後、熱中症予防に注意し作業を実施し、安全に完了することが出来ました。

お問合わせ 扇矢工事㈱ TEL 045-583-2421(平日8:30~17:30)

お問い合わせ

管路のTV調査・導通点検ほかを実施しました。     (山形県)

作業帯の設置状況(山形市内)

DSCN2464DSCN2462

東北電力管内でケーブル張替え工事に伴う管路のTV調査・導通点検・補修研磨・内面クロス貼りを実施しました。

作業期間2週間程度、作業員約20名を現地に泊まり込みで投入し、管路の口径は200mmと250mm、合計8スパンの導通点検と補修を実施しました。

一般車両の交通量が少ない中でも見通しの良い直線道路では、ドライバーが遠方からでも作業現場の確認が出来るよう、安全第一に作業帯のアピールを大きめにしました。

お問い合わせ

管路導通点検を行いました。(東京都品川区)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

東京都品川区で管路の導通点検を行いました。

今回は雨天の中での作業でしたが、雨天時は雨合羽を着て作業するため、フードで視界が狭くなります。夜間の暗い中での作業でもあったため、いつも以上に安全への配慮が要求される現場となりました。

また、今回作業を行うマンホールは蓋が横断歩道内に設置されていたため、作業帯も横断歩道を狭くする形で設置しなければなりませんでした。このため横断歩道を通行する歩行者の方へできる限りご迷惑にならないようカラーコーンとコーンバーの置き方にはいつも以上に注意し、必要最小限の広さの作業帯となるよう心掛けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回もボビンを使用しての導通点検を行いました。全8条(点検管路の数)の点検を行ったうち、7条はボビンが通過しましたが、1条はボビンが通過しませんでした。ボビン不通過の原因は管路内の曲がりか段差によるものではないかと考えられます。管路の径に対して-10mmのボビンは通過しなかったため、再度-20mmのボビンで点検を行いましたが、20mmのボビンは通過しました。-10mmは通過せず-20mmは通過するという結果から管路内の曲がりや段差の状況をある程度想像することができます。

管路にケーブルを引入れ使用する計画がある場合、どの様なサイズのケーブルを入れるかにもよりますが、お客様のご要望によっては-10mmの確保を出来ないかとの問い合わせを頂きます。その場合は、内径を研磨することで-10mmのボビンを通過させることが可能です。

今回の点検は以上で完了となりました。

作業内容の詳細や管路・配管調査、補修・更生については、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)

お問い合わせ

管路導通点検を行いました。(東京都港区)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

東京都港区で管路の導通点検を行いました。

今回は六本木のオフィスビルが立ち並ぶ現場での夜間作業でした。

夜間の作業においては昼間の作業と違い注意をしなければならない点がありますが、その一つに照明の使用方法があります。

作業帯を設置する際に使用するカラーコーンには照明が入っていますが、この照明を確実に点灯させ、自動車の運転手の方や歩行者の方などにできるだけ早く作業帯の存在を認識して頂く必要があります。

また、作業用の照明が向きによっては、付近を通行する自動車の運転に支障をきたす「光害」が発生するおそれがあります。照明を固定する際は向きに問題がないかどうかをしっかりと確認したうえで固定します。

今回の点検対象管路は全長約30mの短い管路でしたが、ボビンを使用してしっかりと管路の健全性を確認しました。

今回の点検では無事ボビンが通過し、作業完了となりました。

作業内容の詳細や管路・配管調査、補修・更生については、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)

お問い合わせ

管路の洗浄を行いました。(千葉県柏市)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作業帯設置状況

千葉県柏市で管路の送水洗浄を行いました。

この管路は前回の管路導通点検の際にボビンが不通過でボビンに土砂の付着があり、管路内に土砂の流入があるのではないかと考えられる管路です。

実際に土砂の流入しているかどうか、また流入している原因として管の破損の有無を確認するため、まずはTV調査を実施しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

管路内TV調査

TV調査により土砂の状況が確認できたので、続いて管路の洗浄を行い、管路内の土砂の除去を行いました。通常、管路の洗浄は高圧洗浄車にて行いますが、管路の勾配が大きかったり起伏があると砂が管の外へ排出しきれない場合もあるため、今回は別の方法で管路の洗浄を行いました。

洗浄完了後、結果を確認するため、再度TV調査を行いました。TV調査の結果、送水前に土砂が確認された部分からは土砂が除去された事が確認できました。

最後にボビンによる導通点検を行いました。φ150の管路に対して-10mmのφ140で全長600mmのボビンを使用して点検を行った結果、前回土砂によりボビンが通過しなかった箇所は問題なくボビンが通過し、管路内の土砂が堆積していた部分は健全である事が確認できました。

今回の作業は以上で完了となりました。

作業内容の詳細や管路・配管調査、補修・更生については、お気軽にお問い合わ
せ下さい。

お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)

お問い合わせ