月別アーカイブ: 2014年11月

管路内TV調査を行いました(東京都葛飾区)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京都葛飾区で管路内のTV調査を行いました。

管路内の状況は管路の内径に対応した「ボビン」と呼ばれる試験器を管路に通すことにより健全性を確認できますが、何らかの原因でボビンが通らない場合、その原因を確認する事が必要になります。

そういった場合に管路内のTV調査を行うことで、ボビンが通らない原因を分析します。

TV調査では当社で「TV車」と呼んでいるTV調査用車両を使用します。この車両にはカメラシステムが積まれています。オペレータの指示に従い、管口からカメラを挿入し、徐々に前方へ進行し、管路内を見て行きます。異常箇所はカメラを90°反転し、側視して詳細に確認します。

今回はこのTV調査用の車両を現場に派遣し、管路内の状況をカメラで確認し、ボビン不通の原因は段差、曲がりと判明しました。他にも砂の流入箇所等も確認し、後日補修の予定です。

作業内容の詳細や管路・配管調査、補修・更生については、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)

お問い合わせ

10月度「安全衛生会議」を開催しました。

当社では、管路点検・管路補修作業を「安全第一」をモットーに毎月「安全衛生会議」を開催しております。

10月24日 社会保険労務士の先生をお招きし、「作業服装が悪かったために起こる災害について」の講話を頂きました。

実際に起きた「災害事例」を基に現場に沿った内容でした。早速、本日の作業から活かしていきたいと思います。

また、各部からの指示・連絡および作業責任者から作業上での課題なども出され、活発な討議を行いました。

「ご安全に!」を合言葉に無事終了しました。

当社へのご用命・お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

お問い合わせ

管路導通点検を行いました。(東京都足立区)

東京都足立区で管路の導通点検を行いました。

導通点検では、「ボビン」と呼ばれる専用の試験器を使用し、管路が健全であるか
を確認します。ちなみに、土砂が流入したり、段差等でボビンが通過しない管路も
あり、その場合は補修が必要です。

管路には様々な口径のものがありますが、管路の内径に対応した外径のボビンを
使用します。下の写真のものがボビンと呼ばれる試験機です。



通常、管路内径に対して-10mmや-20mmの外径のボビンを使用します。このボビンに
ワイヤーを付けて、管路の端から端まで通過させます。

今回の点検では無事ボビンが通過し、作業完了となりました。

作業内容の詳細や管路・配管調査、補修・更生については、お気軽にお問い合わ
せ下さい。

お問い合わせ先 045-583-2421 (平日8:30~17:30)
お問い合わせ